AGA治療の副作用で不妊・子作りに影響

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

AGA治療の副作用で不妊・子作りに影響は出てくるの?

 

AGA治療の副作用で不妊・子作りに影響に関して詳しく説明している画像

 

1.AGA治療薬は不妊・子作りに影響は出てくる可能性が

 

1-1.AGA治療薬のプロペシアの副作用

 

 

AGA治療薬のプロペシアには副作用が報告されています。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGA治療をする時にほとんどの場合に処方される服用役ですが、薄毛の進行を止める効果があるので今より薄毛を進行させずに発毛を促すためには非常に効果のある治療薬になります。

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)は副作用があり、

 

・勃起不全
・精子の減少
・肝機能障害
・うつ症状

 

などの副作用が出ると発表されています。

 

プロペシア(フィナステリド)の服用で副作用が出ることは臨床でわかっています!

 

 

 

1-2.副作用の発症例は非常に少ない

 

 

性欲減退などの発症例は非常に少ないです。

 

副作用である勃起不全などの性欲減退の発症例は1.8%程度と非常に低く、子作りをするときにそのような状態になっている場合には服用をやめることによってほとんど場合は改善していきます。

 

また、男性はメンタルの面で影響を受けることが多く飲んでるだけで性欲が落ちると思い込んで勃起不全に陥る場合もあります。その際にはバイアグラなどで改善するので勃起不全などの性欲減退というのは子作りでそこまで気にする必要はあります。

 

プロペシア(フィナステリド)での副作用の発症は非常に少ないんです!

 

 

 

1-3.問題は精子の減少

 

 

不妊・子作りで問題になってくるのが精子の減少です。

 

アメリカで発表された論文の中でプロペシア(フィナステリド)を飲んでいた人を対象にしたデータで、プロペシア(フィナステリド)の服用中と中止後で精子の濃度が10倍以上も違うというデータが発表されました。

 

10倍も変わってくると子作りをしているときになかなか精子と卵子が受胎せずに不妊になってしまう可能性があるので、精子の量を十分に確保するために子作りをするときには不妊にならないように服用は中止するべきなんです。

 

精子の減少から不妊状態になることは考えられます!

 

 

 

1-4.個人輸入は副作用の関係で危険

 

 

不妊などの症状が出ることもあるため個人で輸入するのは非常に危険です。

 

プロペシア(フィナステリド)はAGAクリニックでは月額5000円前後かかって来てしまいますが、個人輸入を行えば2000円〜3000円と比較的安い金額で購入できるので購入している人は意外と多いんです。

 

しかし、プロペシア(フィナステリド)を服用中に万が一副作用が生じた場合に、医師に相談することができない個人輸入は変化に気づくのが遅くて副作用を悪化させる危険性も含んでいます。

 

そのため、AGA治療はクリニックで医師の元専門的に行う必要があるです!

 

 

 

2.AGA治療薬で赤ちゃんに影響が出る?

 

AGA治療薬で赤ちゃんに影響に関して詳しく説明している画像

 

2-1.妊婦・産婦が服用すると重大な副作用が

 

 

妊婦・産婦がプロペシア(フィナステリド)を服用すると重大な副作用が出ます。

 

プロペシア(フィナステリド)は女性には効果が認められないため女性には処方されないのですが、男性ホルモンを抑制する物質が含まれているため男子胎児の生殖器が正常に発育しない危険性があるので絶対に服用はしてはいけないんです。

 

日本でプロペシアを製造・発売しているMADの添付文書に妊婦・産婦がプロペシアを服用すると重大な影響が出ると注意書きがされているので、夫が薄毛治療をしている方は本当に注意をしなければなりません。

 

プロペシアは妊婦・産婦が特に注意しなければいけない薬なんです!

 

 

 

2-2.精子への成分の移行はごく微量

 

 

プロペシアの成分の精子への移行はごく微量で心配はいりません。

 

実際に、海外の臨床試験で行われたデータによると、プロペシア(フィナステリド)1mgの精子への移行量は服薬した量の0.00076%以下とごく微量しか検出されなかったのです。

 

そのため、子作りをするときにプロペシア(フィナステリド)の服用は男性は問題なく、女性が妊娠中や授乳中に絶対に飲んではいけず、皮膚からの浸透もあり得るので触れるのも避けた方が良いでしょう。

 

男性が服用しても胎児への影響はほとんどないでしょう!

 

 

 

2-3.子作りは中は服用は中止が良いかも

 

 

子作り中は不安もあると思うので服用は中止するというのも良いと思います。

 

世界でプロペシア(フィナステリド)が原因で胎児が奇形で生まれてきたという報告はありませんが、可能性が少しでもあるという不安を抱えている場合には子作りをしている期間だけは服用を中止するのが良いと思います。

 

万が一、プロペシア(フィナステリド)が原因でなかったとしても子供が何らかの障害を抱えて生まれてきてしまった場合の罪悪感などは一生消えることはないと思うので最初から危険は回避しておくのが私的にはおすすめです。

 

胎児への影響が不安な場合には子作り中は服用を中止しましょう!

 

 

 

2-4.プロペシア(フィナステリド)の副作用まとめ

 

 

 

通常時

子作り中

副作用 ・勃起不全
・性欲減退
・肝機能障害
・うつ症状

<男性>
・勃起不全
・精子の減少
・不妊になりやすい

 

<女性>
・胎児の生殖器の正常な成長を妨げる

対策 ・医師への相談
・個人輸入は辞める

<男性>
・子作り中は服用を中止する

 

<女性>
・薬に一切近寄らない

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

AGA薄毛治療対策の効果は?発毛までの期間、副作用は?に関して詳しく説明している画像

 AGA薄毛治療対策の効果は?

 

今話題のAGA治療ですが本当に効果を感じることができるのか?どのくらいで発毛を実感できるのかなど解説しています。

 

 

AGA治療の副作用で不妊・子作りに影響は出てくるの?│Fusal【フサール】関連ページ

AGAクリニックの選び方で失敗しないための5つのポイント│Fusal【フサール】
AGA治療のミノキシジル・プロペシア!効果・副作用・値段など│Fusal【フサール】
AGA治療で良く耳にするミノキシジル・プロペシア(フィステリナド)ですが、その効果や副作用や値段ってどのくらいするのかなど気になることが多いですよね?そこで、ミノキシジル・プロペシア(フィステリナド)について気になる情報をご紹介します。
AGAクリニックで契約する前に確認したい6つの注意点│Fusal【フサール】
リアップx5の効果、使い方・副作用・注意点を徹底解剖│Fusal【フサール】
ミノキシジル・プロペシアが原因で初期脱毛が起きて太い毛が抜けるの?│Fusal【フサール】
眼精疲労、目の疲れはAGA薄毛を進行させるの?│Fusal【フサール】