リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックの違いって?どうやって使うのが効果的?

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックの違いって?どうやって使うのが効果的?

 

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックの違いって?どうやって使うのが効果的?に関して詳しく説明している画像

 

1.4つの特徴や効果を知っておこう

 

普段何気なく使っているリンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックですが、

 

・どのような違いがあるの?
・4つの効果はどう違うの?
・どのような順番で使えば良いの?

 

など、意外とわからず使っている場合が多いと思います。そこで、リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックはどのような違いがあってどのように使えば効果的なのかご紹介していきます。

 

 

1-1.リンスの特徴や効果

 

 

リンスの最大の特徴は手触りを良くし髪の表面を守ることです。

 

リンスを利用することで髪に3つの効果があります。

 

@ 髪がきしむのを防ぐ
A 髪の手触りを良くする
B 髪の水分が蒸発するのを防ぐ

 

リンスの成分である油分などで髪の表面をコーティングをして髪がきしむのを防いで、手触りを良くする効果があります。さらに、油分で髪がコーティングされているのでドライヤーなどで乾燥する時に水分を蒸発させない効果があります。

 

一方で、リンスの成分は髪の内部には浸透しないように作られているので、主に髪の毛の表面を守る働きがリンスにはあります。

 

リンスには髪の表面をコーティングし手触りを良くし、乾燥を防ぎます!

 

 

1-2.コンディショナーの特徴や効果

 

 

コンディショナーはほとんどリンスと同じ特徴や効果を持っています。

 

コンディショナーを利用することで髪に3つの効果があります。

 

@ 髪がきしむのを防ぐ
A 髪の手触りを良くする
B 髪の水分が蒸発するのを防ぐ

 

リンスとほとんど同じ効果を持っているのですが、コンディショナーはリンスより髪表面に対してのコーティングの効果が高く、保湿能力も高いのが特徴的です。リンスでは内部への浸透はないのですがコンディショナーは多少の内部への浸透があります。

 

コンディショナーはリンスがグレードアップしたものと考えればOKです!

 

 

1-3.トリートメントの特徴や効果

 

 

トリートメントは髪を内部から補修するという特徴を持っています。

 

トリートメントを利用することで髪に4つの効果があります。

 

@ 髪がきしむのを防ぐ
A 髪の手触りを良くする
B 髪の水分が蒸発するのを防ぐ
C 髪を内部から補修

 

トリートメントはリンス・コンディショナーの効果も同時に持っており、リンスやコンディショナーでできなかった内部へ浸透し補修するという効果があるのはトリートメントなんです。

 

トリートメントを利用することで初めて内部まで浸透し補修をします!

 

 

1-4.ヘアパックの特徴や効果

 

 

ヘアパックはトリートメントとほとんど同じ効果をもっています。

 

ヘアパックを利用することで髪に4つの効果があります。

 

@ 髪がきしむのを防ぐ
A 髪の手触りを良くする
B 髪の水分が蒸発するのを防ぐ
C 髪を内部から補修

 

ヘアパックはトリートメントとほとんど同じ効果を持っているのですが、補修する成分がトリートメントより豊富に含まれているため髪の補修力が一番高いのがヘアパックです。

 

ヘアパックははトリートメントがグレードアップしたものと考えればOKです!

 

 

2.どのような順番で使えば良いの?注意点は?

 

どのような順番で使えば良いの?注意点は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.リンスとコンディショナーは同時に使う必要なし

 

 

リンスとコンディショナーは同時に使う必要はありません。

 

リンスとコンディショナーは髪の毛の表面をコーティング・保湿というほとんど同じ成分と効果で作られているため、シャンプーの後に使う場合にはリンスかコンディショナーのどちらかを使用するだけで大丈夫です。

 

髪の状態がそこまでひどくないのであればトリートメントやヘアパックを使う必要はなく、シャンプーの後にリンスやコンディショナーで髪の表面をコーティングして保湿をすることで髪の毛を十分保護することができます。。

 

リンスとコンディショナーはどちらかを使えばOKです!

 

 

2-2.トリートメントとヘアパックは同時に使う必要なし

 

 

トリートメントとヘアパックは同時に使う必要はありません。

 

トリートメントとヘアパックはほとんど同じ成分と効果で作られているため、この2つをどのように使い分けるのかというと

 

状態

商品

@

髪の毛の状態が悪い

トリートメント

A

髪の毛の状態がかなり悪い

ヘアパック

 

パーマやカラーを頻繁にしている場合には、トリートメントやヘアパックを毎日やった方が良いのですが、パーマやカラー後1週間はヘアパックでその後はトリートメントにするなど状態によって使い分けると髪の毛に効果的です。

 

髪の毛の状態に合わせてどちらかを選ぶのがおすすめです!

 

 

2-3.リンス系とトリートメント系は同時に使わない方が良い

 

 

リンス系とトリートメント系は同時に使わない方が良いんです。

 

リンス系→トリートメント系を使ってしまうと、リンスで髪の毛の外側がコーティングされてしまうので、トリートメントが内部に浸透しにくくなり髪の毛内部の補修がほとんどできなくなってしまいます。

 

そのため、シャンプーの後にトリートメントやヘアパックを考えているのなら、リンスやコンディショナーは使わずにトリートメントやヘアパックだけにすると一番効果的です。

 

トリートメント系はリンスなどの効果も含んでいるので同時利用は必要ありません!

 

 

2-4.頭皮にリンスなどを付けないように注意

 

 

頭皮にリンスなどを付けないように注意に関して詳しく説明している画像

 

 

注意点としては頭皮にリンスなどを付けないようすることです。

 

リンスなどを使って頭皮までマッサージをする方がいますが注意が必要です。毛穴にリンスなどが詰まることによってふけやかゆみの原因になって炎症を起こす可能性があるからです。

 

そのため、リンスなどを利用する時にはできるだけ頭皮に付けないようにして、しっかりと洗い流すことが頭皮環境を考えるととても大事になるので注意が必要です。

 

リンスなどを使うときにはできるだけ頭皮つけないことが重要です!

 

 

(参考)
頭皮のかゆみを放置すると。抜け毛が増えて薄毛になるの?

 

 

リンス・コンディショナー・トリートメント・ヘアパックの違いって?どうやって使うのが効果的?│Fusal【フサール】関連ページ

朝シャンは抜け毛の原因?