抜け毛の予防は日常生活の改善が必要

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

日常生活で重要な抜け毛予防・育毛を促すために

 

多くの方が間違いがちな頭皮ケアに関して詳しく説明している画像

 

1.抜け毛予防で日常的に間違いがちなケア

 

1-1.髪を洗いすぎる弊害

 

 

髪を洗いすぎることは実は弊害の方が大きいんです。

 

冬の時期が近づいていくにつれて乾燥により、ふけやかゆみが出てくる季節になってきますが実はそれは冬の乾燥だけが原因ではなく、『日常的なケアが大きな原因になっている場合が多い』ということを知っていたでしょうか?

 

そのため、ふけやかゆみ、においが出てしまうと洗い方が悪いんじゃないのかとごしごし洗ってしまうことがあります!

 

実は洗いすぎるのは頭皮の環境には良くありません!

 

詳しくは(>>>1日2回のシャンプーはいけないの?)に書いてあるのですが、『シャンプーをやりすぎることで必要な皮脂を取ってしまい、頭皮の乾燥やふけの原因』になります!

 

洗いすぎによる影響で頭皮が乾燥しふけやかゆみ、皮脂が足りなくなった頭皮が必要以上に皮脂を分泌することによって毛穴が詰まってしまうこともあるので『髪の毛の洗いすぎは百害あって1利なし』なんですね。

 

 

1-2.ブラシやくしの使い過ぎは実は危ない?

 

 

ブラシやくしの使い過ぎは実は危ない?に関して詳しく説明している画像

 

間違ったブラシの使い方は頭皮を痛めます。

 

髪の毛を整えるためにブラシやくしを利用してセットをする場合が多いと思うのですが、実はブラシやくしに使い方によっては頭皮にダメージを与えてしまう危険があります。

 

ブラシを利用してできたダメージによってふけが出るようになってしまったり、皮脂の調整がうまくいかなくなって頭皮からにおいが出てしまう原因になることがあります。

 

特に、民間療法的に『ブラシやくしで頭皮に刺激を与えれば血行が良くなって髪の毛に良い影響があるなんて話』を聞いたことがあるかもしれませんが、この方法はブラシによってただ頭皮を傷つけるだけになってしまうのでブラシで頭をたたくのはやめてください。

 

頭皮の血行を良くするためにマッサージするのが一番効果的です!

 

そのため、ブラシやくしを利用するのは髪を整えるときに優しくセットするだけにしておき、頭皮などを傷つけないように注意しましょう!

 

 

2.髪が濡れたままだと薄毛や抜け毛の原因にも

 

髪が濡れたままだと薄毛や抜け毛の原因に関して詳しく説明している画像

 

お風呂に入ってシャンプーをした後に仕事で疲れていたり、面倒くさかったりと髪を乾かさないで寝てしまうという人も意外と多いと思います。

 

髪を乾かさないで寝た場合、髪にどのような影響があるのでしょうか?

 

 

2-1.濡れたままだと髪が傷つく原因に

 

 

髪を濡れたまま乾かさないと髪が傷つく原因になります。

 

濡れているから保湿がされていいかもって思っている人もいると思いますが、髪が水分を含んでいると髪の毛が膨らんだ状態になってしまい、『髪を守っているキューティクルに隙間が生じて髪の毛が傷つく大きな原因になっている』んですね。

 

そのまま寝てしまうと、寝返りをした時に髪の毛同士や枕との摩擦によってダメージがどんどん蓄積されていくんですね。それによって髪の毛が細くなってしまうので注意が必要なんですね。

 

濡れたままだと髪の毛がダメージがあるのは意外と知られていません!

 

 

2-2.頭皮の臭いの原因になることも

 

 

髪を乾かさないと頭皮、髪の臭いの原因になることもあります。

 

髪を乾かさないと雑菌が発生してしまい頭皮のにおいの原因になることもあります!

 

髪の毛を乾かさないだけで髪の毛だけではなく頭皮まで影響が出てしまうんですね。専門家に言わせるとモップを乾かさないでそのままおいておくのと同じような状況なので臭いも出てしまうので注意が必要になります。せっかく髪を洗ったのに臭いが出てしまうのではもったいないんです。

 

そのため、疲れていて面倒でも

 

・髪が短い方はしっかりとタオルで拭いて
・髪の長い方はしっかりとドライヤーで乾かす

 

これだけは面倒で疲れていても最低限やっておくべきでしょう。

 

 

2-3.頭を乾かすときの注意点

 

 

ドライヤーで乾かすときにも髪にダメージを与えるということです。

 

ドライヤーの熱は髪にとって必ずしも良いものではないので、近い距離で髪を乾かしてしまうと髪の毛にダメージが残ってしまうため、ある程度離れた距離からある程度乾くまでやれば女性ではないので濡れたままで髪同士がこすれて傷つくこともありせん。

 

時間がある場合にはある程度自然に乾燥させて寝る前にまだ乾いていない部分があればその部分だけドライヤーで乾かすという方法で十分なのでこの方法がおすすめです。

 

至近距離でのドライヤーで乾かすのだけは避けるようにしてください!

 

抜け毛の予防は日常生活の改善が必要│Fusal【フサール】記事一覧

1.無理なダイエットは体にも髪にも良いこと無し1-1.ダイエットでなんで抜け毛が増える?ダイエットしたら抜け毛が増えたなんて経験がある方も多いと思います。病院の健康診断でメタボ認定されてしまってダイエットを開始する人が多いのですが、そのダイエット方法が無理な食事制限などをしている場合には体中の栄養が不足してしまうので抜け毛が多くなる原因の一つになります。食べ物から摂取した栄養は体の心臓や内臓などの...

1.頭皮のかゆみは頭皮のトラブルのサインかゆいからと言って即ハゲるわけではないので安心してください。頭皮のかゆみなどのトラブルは、・頭皮の環境が乱れている・精神的なトラブルを抱えている・乾燥など季節の問題など、様々な問題によって頭がかゆくなってしまうことが多いのですが、それを放置してしまうのは抜け毛が多くなってしまい薄毛になってしまう可能性があるので注意が必要になってきます。頭皮のかゆみは体に何ら...

1.運動不足は髪の環境には良くありません適度な運動をしていないことによる抜け毛が実際には多いんです。薄毛や抜け毛が気になってくる30代、40代は仕事で忙しく働いており、体力的にも回復が遅くなっているので、運動が面倒だったり、休日は疲れを取るために寝ていたいとか考えて運動をしていない方は非常に多いと思います。しかし、運動をすることで、・血行を良くする・ストレスを発散するなど、抜け毛・育毛対策だけでな...

1.ストレスと抜け毛には大きな関係がストレスは抜け毛や薄毛に大敵な存在です。強い精神的ストレスを抱えてしまった場合、円形脱毛症などひどい脱毛が起こることもあります。ストレスによって自分の細胞を攻撃してしまうのです。円形脱毛症などはストレス性の脱毛として広く知られていますね。その他にも、男性型脱毛症や、老人型脱毛症、びまん性脱毛などと思われる脱毛であっても、その原因の中にはストレスも含まれている事が...

1.抜け毛と睡眠の関係性はどのくらいあるの?薄毛・抜け毛・育毛と睡眠にはどのような関係性があるのでしょうか?睡眠をしっかりと取ることによって、睡眠中にしっかりと成長ホルモンが出て、髪の毛の成長・発毛を促すという話を聞いたことがある人も非常に多いと思います。それでは実際に睡眠と育毛や抜け毛には関係があるのか見ていきましょう!1-1.睡眠はどうして大切なのか?人間は睡眠をしっかり取ることで健康でいられ...

タバコは抜け毛や薄くなってきた髪の毛には悪い影響を与えるといわれていますが、実際にはタバコを吸っているとどのような影響を髪の毛に与えているのでしょうか?実は、タバコを吸うことで抜け毛になる4つの理由があります。@ 血管が収縮し血行が悪くなるA AGAの原因になる男性ホルモンが増えるB 髪の毛の毛周期サイクルが狂うC 禁煙することによるストレスの増加1.血管が収縮し血行が悪くなる1-1.タバコによっ...

1.低体温が抜け毛・薄毛の原因になる理由は?最近、日本人の平熱が下がっているという厚生労働省のデータがあります。平熱が下がってくると体の免疫能力が下がることは良く知られていますが、実は平熱が下がることによって髪の毛も大きな影響を受け抜け毛、薄毛の原因になることも実際に確認されています。そこで、低体温が薄毛、抜け毛につながる原因を解明し、平熱を上げるために簡単にできる今流行している蒸しショウガをご紹...

1.整髪料やヘアワックスは頭皮環境には良くない髪型をセットするために整髪料・ヘアワックス・中にはヘアスプレーを使っている方も実際には多いと思います。そんな整髪料ですが、実際に頭皮や髪への影響はどうなのでしょうか?・整髪料使うと抜け毛が増える?・整髪料だけではそこまで影響はないんじゃないの?と、整髪料がどのような影響を髪に与えるのかわかりづらいですよね?そこで、整髪料がどのような影響を髪に与えるのか...