薄毛・抜け毛・育毛と睡眠時間との関係性

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

睡眠の時間は抜け毛や薄毛の対策にはとても重要?

 

睡眠の時間は抜け毛や薄毛の対策にはとても重要に関して詳しく説明している画像

 

1.抜け毛と睡眠の関係性はどのくらいあるの?

 

薄毛・抜け毛・育毛と睡眠にはどのような関係性があるのでしょうか?

 

睡眠をしっかりと取ることによって、睡眠中にしっかりと成長ホルモンが出て、
髪の毛の成長・発毛を促すという話を聞いたことがある人も非常に多いと思います。

 

それでは実際に睡眠と育毛や抜け毛には関係があるのか見ていきましょう!

 

 

1-1.睡眠はどうして大切なのか?

 

 

人間は睡眠をしっかり取ることで健康でいられるんです。

 

人間は毎日の睡眠の中で、

 

・成長ホルモンの分泌による髪の修復、生成
・身体的、精神的な日中の疲れの回復を行う
・日中に受けたマイナスの精神状態の回復

 

など、このように体の不調などの回復を睡眠により改善しているんです。

 

そのため、睡眠をおろそかにすると体に色々な悪い影響が出てくるんです!

 

 

 

1-2.睡眠不足は抜け毛の原因になることも

 

 

慢性的な睡眠不足は抜け毛や薄毛の原因になりがちです。

 

髪や頭皮は日中に紫外線による日差し、湿度、ほこりなど、実際に生活している環境で髪の毛や頭皮を痛める現象が多くあります。その日中に受けた髪や頭皮へのダメージを修復する作業を睡眠中に行います。

 

睡眠をしている間に成長ホルモンが分泌されて、細胞分裂が盛んに行われ髪が成長、修繕を毎日の睡眠で行っているので一日やそこらの睡眠不足なら問題ないのですが毎日の睡眠不足は非常に問題です。

 

そのため、髪や頭皮にとって睡眠の時間はとても重要です!

 

 

 

2.良質な睡眠が発毛・育毛には欠かせない

 

良質な睡眠が発毛・育毛には欠かせないに関して詳しく説明している画像

 

2-1.睡眠のゴールデンタイムを逃さない

 

 

睡眠のゴールデンタイムを逃さないのは良質な睡眠をするうえで重要です。

 

しかし、育毛に良いからといっても単純に睡眠をとれば育毛に効果的というわけではありません。というのも、『成長ホルモンの分泌が一番行われるのは夜10時から2時の間』といわれており、その時間にしっかりと睡眠をとることができるのかが育毛や発毛を促すという面ではとても重要になります。

 

しかし、仕事が忙しくて平日の働いている日のほとんどをどうしてもその時間帯には寝られないという人も実際にはいると思います。平日が忙しい人は休日には早く就寝するなど日頃のバランスを戻すように早く寝るように心がけてください。

 

睡眠のゴールデンタイムはできるだけ守ることが重要です!

 

 

 

2-2.睡眠の質は色々なバランスを崩す原因に

 

 

睡眠の質が悪ければ日常に生活のバランスも崩してしまいます。

 

睡眠不足は脳にストレスを与えてしまい、さらに疲労が取れないとイライラが増してしまうなど、発毛に害になるストレスも睡眠不足により起きてしまうということも珍しくないんですね。そのため、睡眠の質と長さというのは髪の毛だけではなく体のバランスを整えるのにもとても重要です!

 

この睡眠のバランスをしっかりと取らないと、

 

・地肌のバランスも悪くなってしまう
・皮脂が多く出てしまう原因になってしまう
・髪が修復されず抜けやすくなってしまう

 

など髪の毛や頭皮環境を考えるとよくないことばかりなんですね。

 

そのため、睡眠の質のバランスは色々な面でとても重要なんです!

 

 

 

3.良質な睡眠をとるためにやっておきたいポイント

 

良質な睡眠をとるためにやっておきたいポイントに関して詳しく説明している画像

 

3-1.寝る前の食事のポイント

 

 

寝る前の食事時間は最低でも2時間前には終わらせましょう。

 

胃の運動は意外と体力を使いますし、胃は活発に動いている状態なので体は寝る準備はできていませんしすぐに寝てしまうと胃酸が逆流してしまう可能性もあるので上手に寝ることができません。

 

そのため、食事をしてからすぐに寝てしまうのは良い睡眠ができません!

 

寝る前の食事はできるだけ早めに済ませて、胃の活動や消化活動が落ち着くのに大体2時間程度かかるので、食事は睡眠の2時間前までに済ましておくのが良い睡眠を取るうえで重要です。

 

 

 

3-2.寝る前の入浴のポイント

 

 

寝る前の入浴のポイントに関して詳しく説明している画像

 

 

実は入浴するタイミングも良い睡眠のためにはとても重要です。

 

気持ちよく睡眠状態に入るためには体温を下げる必要があるのですが、入浴で体が温まり血管が広がった状態になると、逆に体の作用として体温を下げる方向に進むのでその過程で心地よい眠気が訪れます。

 

そのためには、30分から1時間前に入浴することが大事になります!

 

30分から1時間前までに入浴すると体温が上がって体温が下がってくるのにちょうど良い時間帯になるので、良質な睡眠をとるためには30分から1時間前くらいまでに入浴をするのが重要です。

 

 

 

3-3.スマホは寝る前はできだけ避ける

 

 

スマホは寝る前はできだけ避けるに関して詳しく説明している画像

 

 

現代人は寝る前のスマホで睡眠不足になっているというデータがあります。

 

スマホは第2の太陽と言われているように脳に刺激を与え、寝る前には交感神経から副交感神経に変わることが重要なのですが、スマホの光刺激によって交感神経から副交感神経への切り替わりがうまくいかなくなってしまいます。

 

交感神経:興奮、目がさえてしまう
副交感神経:リラックス状態

 

睡眠は副交感神経に切り替わらないと深い睡眠をとることができません!

 

そのため、寝る前のメールチェックやラインのチェック、ニュースのチェックは寝る前の20分〜30分前には終わらせて寝るための準備を始めるようにしましょう。

 

 

 

3-4.BGMも良質な睡眠には効果があり

 

 

BGMも良質な睡眠には効果がありに関して詳しく説明している画像

 

 

BGMもよく寝れない時に聞くのはすごく効果的です。

 

夜なかなか寝れない場合には、色々な要因がありますが、脳が興奮状態のことが多いです。そのため、リラックスになりやすいα波を出すようなクラシック、川のせせらぎの音を聞くと気持ちよくなってスムーズに眠りに入ることができます。

 

しかし、音楽は基本的に睡眠の質を悪くします。さらに、ノリノリの曲やアップテンポの曲は逆に睡眠の質を下げます。そのため、タイマーをセットして1時間後に音楽が切れるようにしておくとすごく良いです。

 

寝にくい場合にはBGMを有効活用するのもすごくおすすめです!

 

 

 

3-5.いざというときの478呼吸法

 

 

いざというときの478呼吸法に関して詳しく説明している画像

 

 

どうしても寝れないという方は478呼吸法を試してみるのをおすすめします。

 

478呼吸法とはアンドルーワイル博士が考案した瞑想方法です。478呼吸法を実践するだけでリラックスできて、スムーズに睡眠に入ることができるので毎日寝る前に実践するのはすごくおすすめです。

 

具体的な478呼吸法の手順は、

 

@ 4秒で鼻から空気を吸います
A 7秒呼吸を止めます
B 8秒かけて口から空気を出します

 

これを3回から4回くらい繰り返していきます。繰り返していくうちに頭がすっきりしてリラックスモードになっていきます。

 

なかなか入眠できないという方は寝る前に478呼吸法は本当におすすめです!

 

 

(参考)
抜け毛の予防は日常生活の改善が必要