【妊娠初期・妊娠中の抜け毛】原因・対策は?胎児への影響は?

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

【妊娠初期・妊娠中の抜け毛】原因・対策は?胎児への影響は?

 

妊娠初期・妊娠中の抜け毛に関して詳しく説明している画像

 

1.妊娠初期・妊娠中の抜け毛の原因・胎児への影響は?

 

産後の抜け毛の話は良く聞くけど妊娠初期の抜け毛ってぴんと来ないという方も多いと思います。

 

妊娠初期や妊娠中には女性ホルモンであるエストロゲンが多く分泌されるので、髪が抜けるのは一般的には多くありませんが抜け毛で悩んでいる方も実際にはいます。

 

・妊娠中の抜け毛の原因はなんだろうか?
・お腹の中の赤ちゃんにも影響があるんじゃ?
・妊娠中の抜け毛の対策はどうすれば?

 

など、妊娠初期・妊娠中の抜け毛の疑問点、対策をご紹介していきます!

 

 

1-1.抜け毛の原因はホルモンバランスの変化

 

 

抜け毛の原因はホルモンバランスの変化に関して詳しく説明している画像

 

 

妊娠中の抜け毛の最大の原因はホルモンバランスが変化することです。

 

女性ホルモンは髪の毛の成長期を伸ばし髪の量が多くなる手助けをします。しかし、産後の抜け毛と違い妊娠初期や妊娠中は女性ホルモンが普段よりも多くなるにも関わらず抜け毛が増えてしまうという妊婦が意外と多いです。

 

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2種類がありバランスをうまく保っています。しかし、妊娠をすると女性ホルモンも増加とともにプロゲステロンが優位に立ちバランスが崩れることで、ヘアサイクルも乱れ抜け毛が増える原因になります。

 

妊娠中の抜け毛はホルモンバランスが変化しヘアサイクルが乱れることが原因です!

 

 

(参考)
【産後の抜け毛がヤバい】いつまで続くの?抜け毛の原因やその対策

 

 

 

1-2.つわりによる栄養不足

 

 

つわりによる栄養不足に関して詳しく説明している画像

 

 

妊娠初期につわりで食事が十分にとれないことで抜け毛が起きることもあります。

 

つわりは妊娠5週、6週頃に始まり、12週〜16週まで続くのが一般的です。つわりでほとんど食事が取れなくなり・さらに赤ちゃんに栄養も送る必要もあるため、お母さんの髪の毛まで十分に栄養が行かなくなるために抜け毛が増えるケースもあります。

 

赤ちゃんに優先的に栄養がいきわたるので赤ちゃんの成長には基本的に問題はありません。しかし、赤ちゃんに栄養も与えている分、お母さんもしっかりと食事をして栄養を摂取しないと抜け毛などの症状に現れてくることになります。

 

つわりや赤ちゃんに栄養が行くことでお母さんの髪の毛に栄養が行かないことで抜け毛が多くなるケースもあります!

 

 

 

1-3.体の変化でのストレスや寝不足

 

 

体の変化でのストレスや寝不足に関して詳しく説明している画像

 

 

体の変化でのストレスや寝不足で抜け毛が増えることもあり得ます。

 

抜け毛というのは原因が一つではなく色々な原因が重なっておきる特徴があります。妊娠中の抜け毛の原因はホルモンバランスの変化がほとんどですが、体の変化で生活習慣が変わってそのストレスが原因で抜け毛になるケースもあります。

 

実際に、ストレスが原因で抜け毛、円形脱毛症になる人は多いですし、夜更かし、寝不足、食生活の変化によって髪の毛へ栄養が行かずに成長がうまくいかないで毛が細くなり抜け毛が増えるケースも本当に多いです。

 

自分のストレスや生活習慣がどうなのかまずチェックしてみてください!

 

 

 

1-4.赤ちゃんに影響があるの?

 

 

赤ちゃんに影響があるの?に関して詳しく説明している画像

 

 

お母さんの抜け毛が酷くても赤ちゃんに影響が出ることはないので安心してください。

 

妊娠中はホルモンの変化によって抜け毛が増えることがほとんどです。妊娠することでホルモンが変化することは良くあることで、ほとんど心配はいらないのですが定期検診の時に産婦人科の先生に相談してみるといいと思います。

 

ただし、食生活が乱れてしまったり、食事があまり取れていない場合には髪の毛の抜け毛だけではなく、赤ちゃんの生育にも影響が出ることもあるので注意して食事をして栄養を取るようにしてください。

 

赤ちゃんには問題ありませんが主治医に相談するのもストレスをためないために重要です!

 

 

 

2.妊娠初期・妊娠中の抜け毛はいつまで?対策は?

 

妊娠初期・妊娠中の抜け毛はいつまで?対策は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.妊娠初期の抜け毛はいつまでかかる?

 

 

 

妊娠初期の抜け毛は人にもよりますが3ヶ月〜5ヶ月に改善する方が多いです。

 

妊娠初期の抜け毛はホルモンバランスの変化なので安定すれば抜け毛は治まってきます。妊婦さんによってホルモンが安定する時期にばらつきがあるので、平均すると妊娠してから3ヶ月〜5ヶ月でホルモンが安定し改善してくる方が多いです。

 

ホルモンバランスが安定すれば自然に抜け毛は減ってくるので対策は特にはいりません。しかし、抜け毛が多くて困っている、早く改善したいという妊婦さんは以下の対策を参考に実践してみてください。赤ちゃんの成長にも非常に効果的です。

 

妊娠中の抜け毛はホルモンが安定する3ヶ月〜5ヶ月位に改善しやすいです!

 

 

 

2-2.栄養のバランスを考えて食事をする

 

 

栄養のバランスを考えて食事をするに関して詳しく説明している画像

 

 

栄養のバランスを考えて食事をすることは特に大事です。

 

妊婦さんは自分だけの食事から赤ちゃんを含めた食事を摂ることが必要になります。そのため、特にお母さんの栄養が少なくなってしまったり偏ったりしないために栄養のバランスのとれた食生活にするように改善をしてください。

 

今まで、栄養のバランスを考えていなかった妊婦の方(私もそうでした。。。)は大変だと思いますが、ファーストフードや外食で脂っこい食事はできるだけ避けるようにバランスの良い食事を心がけるようにしてください。

 

栄養のバランスが悪いと赤ちゃんの成長にも髪の毛の成長にも良くありません!

 

 

<妊婦の方におすすめの食事>

 

妊娠期には1日3回バランスの良い食事を摂ることがとても重要です。

 

<主食>
ご飯(玄米や穀物が入っているものがおすすめ)、パン、麺類

 

主食をしっかりと摂ることでエネルギーにもなりますし、玄米や穀物入りのお米なら食物繊維、ミネラルも同時に摂取ができるので玄米や16穀米などを選ぶようにするとなお良いです。

 

<おかず>
肉、魚、卵、大豆、野菜、海藻

 

タンパク質を摂取するために肉、魚、卵、大豆を取り入れて、食物繊維やビタミン、ミネラルの補給のために野菜、海藻をバランスよく意識的に摂取することが大切です。

 

※どの食事も塩分はできるだけ控えるようにしてください。

 

 

 

2-3.睡眠はできるだけ取るように

 

 

睡眠はできるだけ取るようにに関して詳しく説明している画像

 

 

生活習慣を正して睡眠はできるだけ取るようにしてください。

 

妊娠の体調変化やつわりでなかなか熟睡できないことも多いと思います。隙間時間でもいいので寝る時間を積極的に取るようにしてください。特に、22時〜2時間は成長ホルモンが多くなり髪の毛の成長にも効果があるのでその時間には寝れるようにしてください。

 

妊娠期のイライラも規則正しい生活をして睡眠を十分とれば改善されるというデータもあるので、睡眠は積極的に取るようにして寝不足にならないように注意をしてください。

 

睡眠は髪の毛の成長や抜け毛にも非常に効果的なので積極的に取ってください!

 

 

 

2-4.ストレスを感じ過ぎないで余裕をもって

 

 

ストレスを感じ過ぎないで余裕をもってに関して詳しく説明している画像

 

 

ストレスを感じ過ぎないで余裕を持った生活をすることも大切です。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化や睡眠不足などでイライラがたまりがちです。『イライラしてしやすい』ということは意識してストレスを溜めすぎないでうまく発散したり、睡眠を不足にならないような自分なりの方法を見つけてみてください。

 

妊婦さんは太りすぎてもいけないので、適度なウォーキング、マタニティヨガなどの軽い運動、買い物、カラオケなどあなたに合ったストレス発散法でストレスフリーの生活を目指してください。

 

ストレスは抜け毛にも赤ちゃんにも良くないので上手に発散をしましょう!

 

 

(参考)
【髪が急に抜ける】女性が髪が抜ける原因とその対策は?

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキングに関して詳しく説明している画像

 【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキング

 

女性特有の薄毛におすすめの育毛剤ご紹介していきます。30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめです。