【ピリピリ頭皮が痛い】原因は?抜け毛や薄毛に進行することも??

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

【ピリピリ頭皮が痛い】原因は?抜け毛や薄毛に進行することも??

 

【ピリピリ頭皮が痛い】原因は?抜け毛や薄毛に進行することも??に関して詳しく説明している画像

 

1.ピリピリと頭皮に痛みが出る原因は?

 

頭皮がピリピリと痛くなるそんな感覚ありませんか?

 

最近、ストレスなどの影響から頭皮に痛みが出る方が増えてきています。男性、女性にどちらにも多く出始めている頭皮の痛み。

 

@ 頭皮の痛みにはどんな原因があるのか?
A 頭皮の痛みを改善する対策・予防策

 

頭皮の痛みを少しでも改善できるような対策をご紹介していきます!

 

 

1-1.頭皮の乾燥による痛み

 

 

頭皮の乾燥による痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮環境が乱れ乾燥すると痛みが出ることがあります。

 

頭皮は皮脂に守られてバリア機能を持っているので少しの刺激があったとしても問題ありません。しかし、間違ったヘアケアなどで頭皮環境が乱れ乾燥することでバリア機能が弱くなった結果、少しの刺激でも痛みやかゆみが出てしまうことがあります。

 

特に、頭皮の皮脂が気になる人は一日に何回もシャンプーで洗髪してしまいがちです。ほとんどの人はシャンプーは1日1回で十分でそれ以上やってしまうと必要な皮脂まで取り除いてしまい乾燥の大きな原因になります。

 

頭皮乾燥でバリア機能が失われ少しの刺激でも痛みが出ることがあります!

 

 

 

1-2.カラー剤による皮膚炎による痛み

 

 

カラー剤による皮膚炎による痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

カラー剤や白髪染めなどで皮膚炎で痛みが出るケースも多いです。

 

市販のカラー剤や白髪染めはかなり強い薬剤が使われているケースが多いです。敏感肌の人に限らず、薬剤が頭皮に付くとやけどしたように状態になって炎症を起こして皮膚炎が起きてしそれが痛みの原因になります。

 

実際に、私も10代の頃にブリーチで髪を染めたことがありました。その時に、薬剤が頭皮についてひどくただれてしまって『かゆみ』『痛み』『脱毛』が起きてしまったので薬剤が頭皮に付かないように注意が必要です。

 

市販のカラー剤は刺激が強いので皮膚炎から痛みが出ることがあります!

 

 

 

1-3.頭皮ニキビによる皮膚炎による痛み

 

 

頭皮ニキビによる皮膚炎による痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

部分的に頭皮に痛みがある場合には頭皮ニキビによる皮膚炎の可能性があります。

 

頭皮環境が不衛生になり皮脂が毛穴に詰まって炎症が起きることで頭皮ニキビができます。頭皮ニキビの特徴は、頭皮が部分的に痛み、毛穴に膿がたまっているので吹き出物ようにこぶができます。

 

頭皮は顔よりも毛穴の数が多く、皮脂の量も多いので比較的ニキビができやすい環境です。さらに、髪の毛があるために蒸れやすく雑菌が発生しやすいのでニキビの原因であるアクネ菌も繁殖しやすい環境でもあります。

 

頭皮が部分的に痛みを感じたら頭皮ニキビの可能性が高いです!

 

 

 

1-4.寝癖による痛み

 

 

寝癖による痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

意外と盲点なのが寝癖によっても頭皮に痛みが出ることです。

 

寝癖は寝ている間に髪の毛が無理な方向に曲げられているため頭皮、毛穴に負担がかかっています。その寝癖をくしやブラシでとかして戻そうとするとさらに負担がかかって痛みがピリッと出ることがあります。

 

ただでさえ負担がかかっているのにそれを戻そうとすると痛みが出ることもあります。髪の毛を水で濡らしてからやるなど頭皮と毛穴に負担のかからない方法で寝癖を戻すことが重要なポイントになります。

 

寝癖で毛穴にや頭皮に負担がかかることで痛みが出ることもあります!

 

 

 

1-5.頭皮神経痛による痛み

 

 

頭皮神経痛による痛みに関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮神経痛という病気で痛みが発生している可能性もあります。

 

頭皮神経痛の原因は良くわかっていませんがストレス、体の疲れから発症することが多いです。頭皮神経痛の痛みの特徴は、後頭部や頭頂部で頭皮の表面部分が痛みます。電気が走ったような痛みがするのも特徴と言えます。

 

痛みには個人差があって少しの痛みの人もいれば強い痛みが続き人もいます。さらに、痛みの長さもその日のうちに終わる人もいれば数日続く人もいます。早めに病院で診察を受けることをおすすめします。

 

痛みがなかなか治まらない場合には頭皮神経痛の可能性が高いです!

 

 

 

2.ピリピリと頭皮に痛みが出た時の改善策・予防策

 

ピリピリと頭皮に痛みが出た時の改善策・予防策に関して詳しく説明している画像

 

2-1.頭皮の保湿【対策・予防】

 

 

フケやかゆみを伴った痛みの場合には保湿が何よりも重要です。

 

フケ、かゆみ、痛みなど頭皮のトラブルは頭皮が乾燥しバリア機能が低下することで起きることがかなり多いです。そのため、頭皮をしっかりと保湿してバリア機能を守っていくためには保湿ケアはしっかりとやる必要があります。

 

頭皮の保湿ケアとして、

 

@ ヘアオイル、椿油などでマッサージ
A 洗浄力の強いシャンプーを使わない
B ぬるま湯で洗髪することを心がける

 

髪の毛と頭皮の保湿を助けるためにヘアオイルや椿油でマッサージをすることはとても効果的です。特に、フケなどが出ている方にはその日のうちからオイルを使って保湿をするようにしてください。

 

洗浄力の強いシャンプーを使ってしまうと必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥の原因になります。意外と盲点なのがお湯の温度で40度以上になると洗浄力が強まり必要な皮脂まで奪われるので38度くらいがベストです。

 

頭皮トラブルを改善するためにもまず頭皮の保湿はとても大事です!

 

 

(参考)
【頭皮の保湿は大切】地肌を薄毛・かゆみから防ぐおすすめの方法

 

 

 

2-2.正しいシャンプーの方法で洗髪を【対策・予防】

 

 

正しいシャンプーの方法で洗髪を【対策・予防】に関して詳しく説明している画像

 

 

正しいシャンプーの方法で頭皮環境を正常にするというのも大切です。

 

シャンプーのし過ぎは必要な皮脂まで落としてしまい頭皮の乾燥の原因になります。そのため、正しいシャンプーの方法を実践してみてください。

 

@ シャンプーでの洗髪は1日1回を限度
A 1回以上したい場合には湯シャンで代用
B 38度くらいのぬるま湯で洗髪する
C 指の腹で優しく頭皮までしっかり
D 洗髪後にはドライヤーで頭皮まで乾かす

 

指の腹で優しくシャンプーをするだけで不必要な皮脂は十分に取れ、頭皮ニキビの改善にも効果的です。要注意なのが、爪を立てて洗髪をすると頭皮ニキビなどの皮膚炎の原因になってしまうので注意してください。

 

また、痛みが出ている箇所は優しく洗髪するようにしてください。痛みの部分を強く洗うことで痛みが増す可能性もあるので注意が必要です。

 

正しいシャンプーの方法で頭皮の環境を正常に戻しましょう!

 

 

(参考)
朝のシャンプーは抜け毛・ハゲの原因になるの?

 

 

 

2-3.頭皮マッサージなどで疲労の回復を【対策・予防】

 

 

頭皮マッサージなどで疲労の回復を【対策・予防】に関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮マッサージや睡眠で体、頭皮の疲れを取るようにしてください。

 

頭皮の痛みの原因にある頭皮神経痛は疲れや睡眠不足が原因のケースもあります。そのため、体の疲れや睡眠不足を感じている場合には体のマッサージ、ヘッドスパに行ったり少しでも体の疲れを取るようにしてください。

 

また、頭皮マッサージで血行を良くすることで保湿効果も高まりますし、痛みの改善の効果もあるので、頭皮を優しくマッサージをしてあげるとリラックス効果もあるのでおすすめです。

 

体の疲れや睡眠不足の方はマッサージなどでリラックスして疲れを取るようにしてください!

 

 

(参考)
【頭皮マッサージで抜け毛・薄毛予防】効果、やり方と5つの注意点

 

 

 

2-4.ストレスを溜めこまない【対策・予防】

 

 

ストレスを溜めこまない【対策・予防】に関して詳しく説明している画像

 

 

ストレスを溜めこまないというのは頭皮の痛みにはとても大切なポイントです。

 

ストレスは髪の毛の円形脱毛症でもわかるように髪の毛・頭皮に影響がでることが多いです。そのため、ストレスを溜めこんでしまうと神経痛が出てしまう可能性もあるので自分なりの方法でうまく発散するように心がけてください。

 

さらに、ストレスは睡眠不足の原因にもなりますし、頭皮の血行不良の原因にもなります。ストレスは頭皮神経痛や抜け毛の原因になる要素を多く含んでいるのでできるだけ溜めないような工夫が必要です。

 

ストレスは体・頭皮に多くの影響を与えるので溜め込まないことが重要です!

 

 

(参考)
ストレスは抜け毛の原因に!気にしすぎは要注意

 

 

 

2-5.改善しなければ病院で受診を【対策】

 

 

改善しなければ病院で受診を【対策】に関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮の痛みが全然治まらない場合には病院を受診しましょう。

 

頭皮の痛みの原因はこれらの対策・予防策でかなり改善してきます。しかし、それでも改善せず痛みが治まらない場合には、頭皮神経痛など医師の診断、治療が必要な場合があるので受診した方が良いでしょう。

 

また、受診する科を決める際の注意点なのですが、

 

 

頭が痛む場所

受診する科

@

頭皮の表面だけが痛い

脳神経外科・頭痛外来・皮膚科

A

頭皮の表面・頭痛がする

脳神経外科・頭痛外来

B

後頭部、側頭部、耳の裏が痛い

脳神経外科・頭痛外来

 

 

 

2-6.天然成分の薬剤か美容院でカラーを【予防】

 

 

天然成分の薬剤か美容院でカラーを【予防】に関して詳しく説明している画像

 

 

ヘアカラーはできるだけ自分で行わずに美容院などのプロに任せるのがおすすめです。

 

市販されているヘアカラーは白髪染めは美容院で使われる薬剤よりかなり強い成分が使われています。そのため、ヘアカラーをするときには美容院でプロに任せる方が綺麗に仕上がりますし、頭皮のダメージを少なくすることもできます。

 

自宅でヘアカラーをしてしまうとカラーした後髪の毛のトリートメントはするのですが頭皮のケアはほとんど忘れがちです。美容院では髪の毛・頭皮を含めたケアをしてくれるのでできるだけ美容院でやることをおすすめします。

 

ヘアカラーは頭皮にダメージが出やすいので美容院でやるのがおすすめです!

 

 

(参考)
ヘアカラーは抜け毛、薄毛の原因になるの?

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキングに関して詳しく説明している画像

 【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキング

 

女性特有の薄毛におすすめの育毛剤ご紹介していきます。30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめです。