【頭皮の分け目が痛い】痛くなる原因は?分け目を変える2つのメリット

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

【頭皮の分け目が痛い】痛くなる原因は?分け目を変える2つのメリット

 

【頭皮の分け目が痛い】痛くなる原因に関して詳しく説明している画像

 

1.分け目がピリピリ痛くなる5つの原因

 

分け目がなんとなく痛いと感じることないですか?

 

同じ分け目をずっとしている女性に多い頭皮の痛み。しかし、なんで分け目が痛いのかわからないですよね?しかも、病院行くほどの痛みじゃないからどうしたら良いのかわからないという方も多いと思います。

 

@ どうして分け目の頭皮が痛くなってしまうのか?
A 分け目を変えた方が頭皮のために良い理由
B 頭皮の痛みを改善するための対策は?

 

分け目の痛みの原因から痛み改善の対策をしっかりと解説していきます!

 

 

1-1.同じ分け目は常に頭皮に負担がかかっている

 

 

同じ分け目は常に頭皮に負担がかかっているに関して詳しく説明している画像

 

 

同じ分け目は常に頭皮が引っ張られ頭皮に負担がかかっています。

 

長い期間分け目を同じにしている女性も多いと思います。長い間分け目を同じにしているということは、常にその分け目の頭皮、毛根に髪の毛の重さ、重力がかかり負担がかかっているということになります。

 

長い期間頭皮と毛根が引っ張られていれば徐々に負担がかかり限界を超えると急に痛みが出てきます。特に、髪の毛が長く量が多い女性に分け目の痛みを感じることが多いようです。

 

同じ分け目は常に頭皮が髪の毛に引っ張られ負担がかかり痛みが出てきます!

 

 

 

1-2.頭皮の乾燥が分け目の痛みを感じさせやすく

 

 

頭皮の乾燥が分け目の痛みを感じさせやすくに関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮の乾燥が分け目の痛みを感じさせやすくする原因にもなります。

 

正常な頭皮は皮脂によって保湿され刺激からのバリア機能を保っています。しかし、シャンプーなどの影響で頭皮が乾燥するとバリア機能が弱ってくるので、少しの刺激でも痛み、かゆみなどが起きてしまう原因になってしまうんです。

 

また、分け目は常に外気に触れているので他の頭皮に比べて乾燥しやすいという特徴があります。分け目は乾燥しやすいので頭の中で痛みやかゆみ、フケなどのトラブルが発生しやすいという特徴もあります。

 

分け目は頭皮の中でも乾燥しやすく痛みが出やすい部分になります!

 

 

 

1-3.紫外線浴びて頭皮が日焼け状態に

 

 

紫外線浴びて頭皮が日焼け状態にに関して詳しく説明している画像

 

 

紫外線による日焼けも分け目が痛くなる大きな原因になります。

 

分け目は常に露出しているので紫外線の影響をモロに受けやすくなっています。肌の日焼けと同じように日焼け対策をしていないと露出している分け目の頭皮は紫外線で日焼けをして痛みが出る原因になります。

 

また、頭はてっぺんにあり体の中で紫外線が直接当たりやすくなっています。そのため、敏感肌などの肌の弱い方は夏などの紫外線が強くない日でも日焼けを起こして痛みが出ることもあります。

 

頭皮が露出している分け目は紫外線の影響を受けやすく痛みの原因になります!

 

 

(参考)
夏の紫外線は抜け毛の原因に?紫外線対策の4つの注意点

 

 

 

1-4.同じ分け目で強い癖がついてしまっている

 

 

同じ分け目で強い癖がついてしまっているに関して詳しく説明している画像

 

 

同じ分け目で強い癖がついてしまっている場合も頭皮が痛くなる原因になります。

 

常に同じ髪型、分け目で生活していると髪に強い癖がついてしまいます。強い癖が付いた状態の分け目、毛穴を髪型を変えようとした場合に逆方向に力が入ってしまうので痛みが出てしまうことがあります。

 

さらに、常に同じ髪型、分け目で生活していると分け目、毛穴は固定されてしまっている状態になるので、頭皮の下の筋肉が凝り固まった結果痛みが出ることもあります。肩こりなどとほとんど同じ原理です。

 

髪の毛の強い癖や頭皮のコリによって頭皮の痛みが出ることもあります!

 

 

 

1-5.分け目の痛みを放っておくと薄毛になる?

 

 

分け目の痛みを放っておくと薄毛になる?に関して詳しく説明している画像

 

 

分け目の痛みを放っておくと抜け毛が増え薄毛になりやすくなります。

 

分け目がピリピリと痛くなる場合には分け目部分の頭皮にかなりの負担がかかっています。分け目に負担がかかりすぎると頭皮の毛穴の力が弱くなり抜け毛が増えやすくなります(牽引性脱毛症)。常に負担がかかっているので成長ができなくなり髪の毛が細くなっていきます。

 

牽引性脱毛症からの薄毛は30代後半から40代の女性に多くなっている薄毛の種類になります。分け目が痛くなっているのは頭皮にかなり負担がかかっている前兆になるので注意が必要になってきます。

 

分け目の痛みは抜け毛から薄毛に進行する可能性があるので注意が必要です!

 

 

(参考)
【分け目が薄い女性必見】原因・対策・隠しやすい髪型を紹介

 

 

 

2.分け目を変えた方が良い2つのメリットとその他の対策

 

分け目を変えた方が良い2つのメリットとその他の対策に関して詳しく説明している画像

 

2-1.分け目を変えると頭皮の負担が減る

 

 

頭皮の痛みが出た方は分け目を定期的に変えるのをおすすめします。

 

説明してきたように同じ分け目の状態では頭皮に大きな負担がかかります。そのため、毎日分け目を変える必要はありませんが4,5日に1回は分け目を変えると頭皮の負担が減って痛みが出ることもなくなると思います。

 

今ある痛みは分け目を変えてもすぐに良くなるわけではありませんが、分け目に負担がかからなくなればだんだんと痛みは治まってくるのでまずは分け目を変えることから始めてみてください。

 

分け目を変えると頭皮の負担が減るのでだんだんと痛みが減ってきます!

 

 

 

2-2.頭皮の乾燥や日焼けを防げる

 

 

頭皮の乾燥や日焼けを防げるに関して詳しく説明している画像

 

 

分け目を変えることで頭皮の乾燥や日焼けを防ぐ効果があります。

 

分け目の頭皮の乾燥や日焼けは1日、2日で起きることではなくだんだんと起きることが多いです。そのため、分け目を定期的に変えてもらえれば頭皮の乾燥も防げますし、日焼けによる痛みを予防することもできます。

 

しかし、強い日差しの日や敏感肌の方は髪の毛の紫外線対策だけはするようにしてください。日傘や日焼け止めなど頭皮と髪の毛ができるだけ紫外線の影響を受けないように注意が必要です。

 

分け目を変えると集中的に紫外線を浴びることがないので痛み解消に効果的です!

 

 

 

2-3.オイルなどでしっかりと保湿

 

 

オイルなどでしっかりと保湿に関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮が乾燥しやすい方はオイルなどで頭皮を保湿しましょう。

 

頭皮が痛くなる原因として分け目の乾燥があります。分け目からフケ、かゆみが出ている方は頭皮が乾燥している可能性が高いので椿油、オリーブオイル、ヘアオイルなどを使って頭皮の保湿をしてバリア機能を取り戻すようにしてください。

 

頭皮の乾燥はかゆみ、フケ、痛み、抜け毛と頭のトラブルの多くの原因になります。頭皮、髪の毛のトラブルを避けるためにも頭皮の保湿には気を配るようにしてください。

 

頭皮を保湿し正常な状態に戻すことが頭皮トラブルを避けるために重要です!

 

 

(参考)
【頭皮の保湿は大切】地肌を薄毛・かゆみから防ぐおすすめの方法

 

 

 

2-4.頭皮のコリを取るためにマッサージ

 

 

頭皮のコリを取るためにマッサージに関して詳しく説明している画像

 

 

頭皮のコリを取るためのマッサージも痛みを取るのに効果的です。

 

長い期間同じ分け目や髪型をしていると頭皮の下の筋肉がどうしても凝り固まってきます。そのため、自分でも良いですし、ヘッドスパでも良いので、リラックスして筋肉を優しくほぐしてあげることで痛みが改善しやすくなります。

 

頭皮のコリを取るためのマッサージには注意点があります。

 

@ 痛みの箇所はできるだけ優しく 
A 強く押さずに気持ち良くがポイント
B お風呂中など血行が良い時がおすすめ
C ヘッドスパの場合には事前に痛い箇所を相談

 

痛みがある部分を強く押してしまうと逆効果になってしまいさらに痛みが強くなる可能性もあります。そのため、マッサージは血行が良くなるお風呂の中やお風呂上りに優しく気持ちよいを目安にマッサージをしてください。

 

頭皮マッサージは痛みへの即効性が高いのでおすすめです!

 

 

(参考)
ヘッドスパ抜け毛、薄毛防止・育毛対策にも効果的
【頭皮マッサージで抜け毛・薄毛予防】効果、やり方と5つの注意点

 

 

 

<あなたにおすすめページ>

 

【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキングに関して詳しく説明している画像

 【30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめ】女性用育毛剤ランキング

 

女性特有の薄毛におすすめの育毛剤ご紹介していきます。30代、40代、50代の薄毛に悩む女性におすすめです。