【分け目が薄い女性必見】原因・対策・隠しやすい髪型を紹介

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

【分け目が薄い女性必見】原因・対策・隠しやすい髪型を紹介

 

【分け目が薄い女性必見】原因・対策・隠しやすい髪型を紹介に関して詳しく説明している画像

 

1.髪の分け目が薄くなってしまう3つの原因

 

1-1.髪が強く引っ張られる牽引性脱毛症

 

 

髪が強く引っ張られる牽引性脱毛症に関して詳しく説明している画像

 

 

分け目が薄くなる最大の原因は牽引性脱毛症という症状です。

 

頭皮は常に髪の重さと重力に引っ張られて毎日ダメージは蓄積されていきます。同じ髪型を1日や2日なら問題はありませんが長い期間同じ髪型をすると分け目に多くの負担がかかり抜けたり切れたりしやすくなります。

 

また、同じ髪型にしていると同じ分け目に負担がかかり続けます。特に注意したい髪型は、ポニーテール、ツインテール、ロングの方で分け目でも生え際、てっぺん、つむじ、前頭部、前髪、真ん中が薄くなりやすい傾向にあります。

 

分け目や頭皮に強い力が長い間かかるとその部分の髪が薄くなってきます!

 

 

 

1-2.20代の若い女性に多い極端なダイエット

 

 

20代の女性に多い極端なダイエットに関して詳しく説明している画像

 

 

20代の若い女性に極端なダイエットは髪の毛を薄くする原因になります。

 

20代の方は無理が効くので食事をほとんど取らないダイエットをしがちです。食事をあまり取らないダイエットをすると体の中で優先順位が低い髪の毛は必要な栄養が届かなくなり、栄養不足で髪が細くなって分け目が目立つようになってきます。

 

髪の毛は栄養が届かなくなると細胞の働きが弱って細胞分裂があまり行われなくなります。その結果、負担のかかっている分け目部分の髪は細くなり抜けやすくなるといった悪循環になってしまいます。

 

極端なダイエットは髪に必要な栄養が届かないので髪が細くなる原因になります!

 

 

(参考)
ダイエットによる栄養失調は抜け毛・薄毛につながります

 

 

 

1-3.パーマなど頭皮に強い刺激がかかっている

 

 

パーマなど頭皮に強い刺激がかかっているに関して詳しく説明している画像

 

 

パーマなど頭皮に強い刺激がある場合には髪が細くなる原因になります。

 

美容院でパーマや毛染めをすればそこまで問題はありません。しかし、自宅で薬剤の強い市販の毛染めを利用してしまったり、回数が多くなってしまうと髪の修復が間に合わずに髪が細くなって分け目が目立つ原因になります。

 

また、分け目というのは紫外線を浴びやすい場所でもあります。紫外線は髪の主成分であるタンパク質を破壊するため、髪の毛はダメージを受けてしまい細くなって抜け落ちてしまう原因になることもあります。

 

刺激の強い薬剤を頻繁に使うと髪が細くなる原因になります!

 

 

(参考)
ヘアカラーは抜け毛、薄毛の原因になるの?

 

 

 

2.髪の毛の分け目の薄さを改善するための5つの対策

 

髪の毛の分け目の薄さを改善するための5つの対策に関して詳しく説明している画像

 

2-1.髪の毛の分け目を変える

 

 

一番最初にやりたいのが頻繁に髪の毛の分け目を変えることです。

 

長い期間同じ髪型、分け目にしていると負担がかかりその部分が薄くなってきます。薄くなった分け目にこれ以上の負担をかけないためにも、分け目を変えることがまず第一歩としてとても大切です。

 

注意点として、分け目を変えたらその部分に負担がかからないように、1週間に1回は分け目を変えるのがおすすめです。また、分け目を変えることで分け目が薄いことを隠すことができるメリットもあります。

 

これ以上分け目に負担をかけないように分け目を適度に変えていきましょう!

 

 

 

2-2.食生活・生活習慣を変える

 

 

食生活を変えるに関して詳しく説明している画像

 

 

食べ物や生活習慣のバランスを考えて変えるようにしてください。

 

特に、過度なダイエットをしていて栄養を十分に摂れていなかった方は、肉、魚、野菜を含んだ食事ををバランスよく食べて髪に効果的な成分であるタンパク質、亜鉛、イソフラボンも積極的に摂ることで髪の毛の成長を助けることができます。

 

また、睡眠の時間もしっかりと取ることがとても大事です。寝ている間に成長ホルモンによって髪の成長、ダメージの修復。さらに、髪に影響が出やすいストレスも解消してくれるので睡眠不足には注意してください。

 

食・生活習慣を正しく変えることは髪の毛のことを考えるととても重要です!

 

 

【タンパク質】

 

髪を構成するとても重要な栄養素。足りなくなってくると髪が細くなってきたり、途中で切れやすくなるので十分に補給したい栄養素です。

 

(タンパク質が摂れる食べ物)
牛ひれ肉・鶏のささみ・まぐろの赤身・納豆・豆腐・アーモンド・豆乳

 

【亜鉛】

 

亜鉛はタンパク質を再構成して髪に変えるとても重要な栄養素です。毛根の毛母細胞を活性化させるので成長が早くなり、髪を太くする効果があります。食事でとるのが難しい方はサプリメントで補給するのもおすすめです。

 

(亜鉛が摂れる食べ物)
カキ・豚レバー・カシューナッツ・アーモンド・アボガド

 

【イソフラボン】

 

30代〜40代で女性ホルモンが少なくなってきた方に摂取してほしい栄養素です。イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た構造をしているので女性ホルモンが原因の薄毛には非常に効果的です。

 

(イソフラボンが摂れる食べ物)
豆乳・豆腐・納豆・きな粉・厚揚げ

 

 

 

2-3.ヘアケアの方法を見直す

 

 

ヘアケアの方法を見直すに関して詳しく説明している画像

 

 

ヘアケアやパーマなどの頻度を見直すようにしましょう。

 

毛染めやパーマはどうしても髪の毛に負担がかかりますので頻繁にやればそれだけ髪の毛は細くなります。そのため、毛染めやパーマをしないのが理想ですが最低でも月に1回までにするなど髪の毛でできるだけ負担がかからないようにしてください。

 

また、自分でやる場合には頭皮に薬液が付かないようにしてください。かゆみや赤みの原因になって頭皮環境が悪くなることによる抜け毛の原因になることも良くあるので注意をしましょう。

 

髪の毛に負担のかかることはできるだけ少なくするようにしてください!

 

 

 

2-4.すぐに隠したい場合にはウィッグがおすすめ

 

 

すぐに隠したい場合にはウィッグがおすすめに関して詳しく説明している画像

 

 

すぐに薄い分け目を隠したい場合にはウィッグがおすすめです。

 

今までの改善の方法を行ったとしてもすぐに効果が出るわけではなく最低でも2ヶ月、3ヶ月という期間がかかります。髪の改善の結果分け目が目立たなくなるまである程度の期間がかかるのでその間はウィッグで隠しておくのが良いと思います。

 

ウィッグなら通販で購入することもできますし、最近では出来が良いものが多いです。長さが合わないものでもいつも通っている美容院に行けば追加料金なしでカットしてくれると思うので相談してみてください。

 

分け目が目立たなくなるまでの間はウィッグで隠すのはおすすめです!

 

 

 

2-5.髪全体が細くなっている場合には育毛剤を

 

 

髪全体が細くなっている場合には育毛剤をに関して詳しく説明している画像

 

 

分け目だけでなく髪全体が細くなっている場合には育毛剤を使ってください。

 

今までの対策は分け目部分だけ細くなって目立つ場合の対策です。しかし、分け目だけでなく全体として髪の毛が細く薄毛になっている場合には育毛剤を使って髪の毛を太く育毛していく必要があります。

 

軽く分け目が薄くなる程度であれば簡単な対策で元通りに治すことも可能です。しかし、分け目の薄さが広がってしまっている場合には育毛剤など対策をしないとさらに広がってしまう可能性があります。

 

全体の髪の毛が細くなってしまった場合には育毛剤で対策をすることが大事です!

 

 

 

3.分け目の薄さを隠せるおすすめの髪型・ヘアスタイル

 

<かわいいミディアムスタイル>

 

 

(出典) http://news.biglobe.ne.jp/salon/

 

 

 

<パーマスタイル >

 

 

(出典) http://beautynavi.woman.excite.co.jp/

 

 

 

<ボブスタイル >

 

 

(出典) http://www.hairmake-happiness.com/

 

 

 

<ミディアムロングスタイル>

 

 

(出典) http://beautynavi.woman.excite.co.jp/

 

 

 

<ナチュラルショートスタイル>

 

 

(出典) http://news.biglobe.ne.jp/salon/

 

 

 

<ベリーショートスタイル >

 

 

(出典) http://news.biglobe.ne.jp/salon/