アルコールは抜け毛の原因に?飲酒と薄毛にはどんな関係が?

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

飲酒が抜け毛になる2つの大きな原因とその解決策

 

アルコールは抜け毛の原因に関して詳しく説明している画像

 

1.過剰なアルコールは薄毛になる原因の1つにも

 

1-1.過剰な飲酒は肝臓の機能を弱める

 

 

お酒を飲んだ時のアルコールを分解するのが肝臓の機能です。

 

お酒を飲むとアルコールは肝臓で有害なアセトアルデヒドを経て無害な酢酸に分解していきますが、過剰なアルコールの飲酒を続けると有害なアセトアルデヒドを肝臓では分解できなくなり血中に流れ出ます。

 

有害なアセトアルデヒドはAGAの薄毛の原因となるDHT(デヒドロテストステロン)を増加させることがわかっており、過剰な飲酒はDHTの増加により抜け毛や薄毛の大きな原因になる可能性があります。

 

過剰な飲酒は肝臓の機能を弱めAGAの原因にもなる可能性があります!

 

 

(参考)
AGAとは?その薄毛治療の効果や期間など

 

 

 

1-2.過剰な飲酒は髪の成長を阻害する

 

 

過剰な飲酒をすることで髪の毛の育毛や発毛を阻害します。

 

飲酒をして肝臓でアルコールを分解する時に髪の毛を生成するアミノ酸やタンパク質をエネルギーとして消費してしまうので、育毛や発毛を促すのに必要なアミノ酸やタンパク質が足りなくなってしまう可能性があるんです。

 

肝臓でアルコールを分解する時には色々な髪に必要な成分を利用するので、過剰なアルコールの飲酒を繰り返すことによって髪がどんどん細くなっていき薄毛につながっていくんです。

 

過剰な飲酒は髪が十分に成長せず抜け毛が増え薄毛が進行します!

 

 

(参考)
AGA・抜け毛の対策に髪の毛の主成分であるタンパク質は重要

 

 

 

2.糖分の取りすぎも薄毛につながる

 

糖分の取りすぎも薄毛につながるに関して詳しく説明している画像

 

2-1.実はお酒には糖分が多く含まれています

 

 

実はお酒には糖分が多く飲みすぎは糖分の取りすぎにつながります。

 

実際にお酒にどれだけの糖分が入っているのかというと、

 

 

お酒の種類

一杯あたりの糖分の量

1位

梅酒

80ml(ロック)

16.8g

2位

発泡酒

350ml(中ジョッキ)

14g

3位

ビール

350ml(中ジョッキ)

10.5g

3位

缶チューハイ

350ml(缶)

10.5g

5位

日本酒

180ml(1合)

9g

6位

ワイン

125ml(グラスワイン)

2.5g

7位

焼酎

80ml(ロック)

0g

7位

ウィスキー

30ml(シングル)

0g

7位

ブランデー

30ml(シングル)

0g

 

 

成人男性の一日の糖分摂取量の目安が50gと言われているので、ビールであれば5杯、梅酒であれば3杯で成人男性が一日に取る目安の糖分を取ってしまう計算になってしまいます。

 

そのため、糖分の多いお酒の飲みすぎは注意が必要です!

 

 

 

2-2.どうして糖分の取りすぎは抜け毛につながるの?

 

 

糖分の取りすぎは頭皮の皮脂の過剰な分泌につながります。

 

上記の糖分の多いお酒を飲みすぎると当然糖分が必要以上に多くなり体で処理をすることができなくなるので、体でエネルギーとして処理できなかった糖分は血中上で脂肪に変化していきます。

 

血中で余分な糖が脂肪に変化すると、

 

・頭皮の過剰な皮脂の分泌につながる
・血液自体がどろどろになり血行が悪くなる
・血行が悪くなることで髪に栄養が届かなくなる

 

などの理由により頭皮の環境はかなり悪くなってしまいます。

 

糖分を取りすぎることによって頭皮環境が悪化して抜け毛につながっていきます!

 

 

 

3.適度な飲酒は問題ない。問題は飲みすぎだけ

 

適度な飲酒は問題ない。問題は飲みすぎだけに関して詳しく説明している画像

 

3-1.適量を飲むように注意する

 

 

お酒は二日酔いにならない程度の適度に飲むのが良いでしょう。

 

二日酔いになるということはアルコールを肝臓がうまく処理できていない証拠なので、二日酔いになる手前のお酒の量をしっかりと把握しておいて飲みすぎには注意を払うのが良いでしょう。

 

人間が肝臓がアルコールを処理できる量というのは決まっているという医師もいるので、毎日お酒を飲むのではなく1週間に1日か2日飲むようにする生活に変える方が抜け毛対策にはとてもおすすめです。

 

自分がアルコールを飲める量を把握するというのはとても大事です!

 

 

 

3-2.飲む種類に注意をする

 

 

お酒を飲むときは糖分に注意して飲みましょう。

 

糖分の取りすぎは体にとっても抜け毛、育毛に良くないので、糖分が多いお酒は1、2杯にしておきその後は焼酎やウィスキーを中心に飲むと一日に必要以上の糖分を取ることはなくなります。

 

ビールが好きな方はずっとビールを飲んでしまう傾向がありますが、ビールはその味以上に糖分が多く含まれているので糖分を気にしてお酒は飲むようにしましょう。

 

飲む種類を調整して糖分の摂取をできるだけ少なくしましょう!

 

 

 

3-3.適量の飲酒なら髪の毛にも良い影響が

 

 

適量のお酒であれば髪の毛にも良い影響があります。

 

適量のお酒であれば、

 

・日頃のストレス発散
・血行が良くなる
・睡眠がとりやすくなる

 

など、精神的にもリラックスでき体にも良い影響が出ます。逆に飲みすぎると、マイナスの影響が出やすいので、自分の適量を知っておくというのは髪の毛のためにもとても重要なポイントです。

 

飲酒は適量というのを理解しておくと髪にも良い影響を与えます!