大豆のイソフラボンは抜け毛を防止して育毛を促します

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

大豆のイソフラボンは抜け毛を防止して育毛を促します

 

大豆のイソフラボンは抜け毛を防止して育毛を促しますに関して詳しく説明している画像

 

1.イソフラボンの抜け毛・薄毛への効果

 

1-1.イソフラボンとは?

 

 

イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをするため、

 

・更年期の女性の悩み
・乳がんなどの女性ホルモンにかかる病気の予防
・男性の前立腺の病気の予防
・男性ホルモンに起因する抜け毛や育毛対策

 

などに効果があるといわれています。そのため、男性、女性にとってイソフラボンはホルモンに関する問題を抱えている場合には良い効果を発揮するため毎日継続的に摂取したい栄養素になっています。

 

 

 

1-2.イソフラボンが男性ホルモンを抑制

 

 

イソフラボンが男性ホルモンを抑制に関して詳しく説明している画像

 

 

イソフラボンは男性ホルモンを抑制する効果があります。

 

男性の薄毛の原因の一つに男性ホルモンが優位になってしまっているために薄毛が進行してしまうことがあり、その薄毛、抜け毛の原因になってしまっている男性ホルモンを抑制する働きをするのがイソフラボンのエストロゲンの効果なんです。

 

男性ホルモンが5aリダクターゼと結びつくことでAGAの原因になるジヒトロテストステロンに変換します。イソフラボンは5aリダクターゼを抑制する効果があるのでAGAの原因となるジヒトロテストステロンの発生を抑える大きな役割があります。

 

イソフラボンは抜け毛に大敵な男性ホルモンを抑制する効果があります!

 

 

(参考)
AGA薄毛治療対策の効果は?AGAの費用、副作用は?

 

 

 

1-3.コレステロール値の上昇を防ぐ

 

 

コレステロール値の上昇を防ぐに関して詳しく説明している画像

 

 

イソフラボンはコレステロール値の上昇を防ぐ働きがあります。

 

血中のLDLコレステロール値が高い場合は血液がどろどろな状態で血流が非常に悪い状態です。血流が悪いということは毛根、髪の毛に血液が循環しないので十分な栄養素が届かないということになります。

 

毛根や髪の毛に栄養が届かなければ髪が細くなり抜け毛が増える大きな原因になります。イソフラボンでLDLコレステロール値の上昇を防ぐことで血流が良くなり毛根や髪に十分な栄養を運ぶことができるんです。

 

血流が良くなることで髪に十分な栄養を運ぶことが可能になります!

 

 

 

1-4.快眠に導く効果も

 

 

快眠に導く効果もに関して詳しく説明している画像

 

 

イソフラボンは快眠に導く効果もあります。

 

睡眠時に成長ホルモンが活発に働くので髪の毛の成長にはしっかりと寝ることもとても重要です。イソフラボンには自律神経を整える働きがあるのでストレスを抑えて深い睡眠に導き効果もあります。

 

ストレスも髪の成長には悪くさらに不眠になってしまうとそれがどんどん悪影響を及ぼし、健康面ももちろんですが髪の毛の抜け毛につながったりと睡眠がとれないと良いことは全くありません。

 

そのため、髪が十分に成長するのに必要な快眠にイソフラボンは導いてくれます!

 

 

(参考)
薄毛・抜け毛・育毛と睡眠時間との関係性

 

 

 

2.イソフラボンの効果的な摂取方法・副作用

 

イソフラボンの効果的な摂取方法・副作用に関して詳しく説明している画像

 

2-1.イソフラボンは一日にどのくらい取れば良い?

 

 

イソフラボンは一日に75mg取れれば薄毛対策には十分です。

 

イソフラボンは週に何回か取れば良いのではなく毎日継続的に摂取したいので、それを考えて毎日摂取できるような含有量の多いイソフラボンの食品を一覧にしてみました。

 

 

食品

含有量

1

納豆

1パック

36mg

2

豆腐

一丁

78mg

3

豆乳

200ml

40mg

4

きな粉

大さじ1

10mg

5

厚揚げ

1枚

70mg

6

煮豆

40g

18mg

7

味噌汁

一杯

7mg

 

 

 

2-2.イソフラボンは毎日継続的に取ることが大事

 

 

イソフラボンは毎日継続的に摂取することで効果を発揮します。

 

イソフラボンは毎日の食生活の中で継続的に摂取することで育毛、発毛を促すことができるので、毎日継続してイソフラボンを取れるような食生活を自分で考えていくことがとても重要です。

 

効果的にイソフラボンを取れる組み合わせの例として、

 

 

食品

含有量

1

納豆(1パック)+豆腐(半丁)

75mg

2

納豆(1パック)+豆乳(200ml)

76mg

3

豆腐(半丁)+豆乳(200ml)

79mg

4

厚揚げ(一枚)+味噌汁(1杯)

77mg

 

 

しかし、中には納豆や豆乳などの大豆料理が苦手な人も実際には多いと思います。そのような方にはイソフラボンのサプリメントが売っているのでそれを適量を守って摂取することをお勧めします。

 

イソフラボンは毎日の生活で継続的に摂取することが一番大事です!

 

 

 

2-3.イソフラボンの過剰摂取で副作用はあるの?

 

 

イソフラボンの過剰摂取で副作用が出ることはほとんどありません。

 

イソフラボンを取りすぎた場合でもイソフラボン自体は体外に排出されてしまうので、イソフラボンを1日75mg以上摂取したとしても副作用が出ることはほとんど考えられないので安心してください。

 

しかし、イソフラボンを積極的に摂取しようと思って、

 

・みそ汁を1杯以上飲んでしまう
・大豆の煮物を食べ過ぎてしまう

 

など特定の食事を撮りすぎてしまうと逆に塩分の取りすぎなど、イソフラボンの過剰摂取で副作用はないのですが、食事としてとろうと思うと体にも髪にも悪影響になってしまうことも少なくないので注意して食べるようにしてください。

 

イソフラボンに副作用はありませんが摂取方法には注意が必要です!