AGA・抜け毛の対策に髪の毛の主成分であるタンパク質は重要

Fusal【フサール】〜薄毛改善プロジェクト〜

AGA・抜け毛の対策に髪の毛の主成分であるタンパク質は重要

 

AGA・抜け毛の対策に髪の毛の主成分であるタンパク質は重要に関して詳しく説明している画像

 

1.タンパク質は髪の毛の95%を構成している

 

『タンパク質ってどのくらい髪に影響してるの?』
『タンパク質不足と抜け毛って関係あるのかな?』

 

髪の毛のことを調べたことがある方なら、髪の毛とタンパク質の関係を知っている方も多いと思います。しかし、それが抜け毛や薄毛につながるのか?というのは初めて聞いたという方もいると思います。

 

・抜け毛とタンパク質に関係があるの?
・効果的なたんぱく質摂取の方法
・タンパク質が多く含まれている食品

 

タンパク質を抜け毛・薄毛はどのように関係しているのか見ていきたいと思います!

 

 

1-1.抜け毛が改善しないのはタンパク質不足が原因?

 

 

抜け毛が改善しない原因の1つににタンパク質不足があります。

 

タンパク質は髪の95%以上を構成する栄養素としてとても重要なのですが、生命に比べて優先度が低いことから消費される優先順位が低いので、髪へのタンパク質が不足することが良くあります。

 

特に、

 

・ダイエットをしている
・インスタント食品が多い
・偏った食生活

 

など、バランスの悪い食生活や体に栄養が少ない状態の生活をしていると、たんぱく質が体の生命に関する部分に優先して供給されるので、髪の毛のタンパク質が足りなくなります。

 

タンパク質が不足すると抜け毛防止や髪の成長に良くありません!

 

 

 

1-2.タンパク質不足になるとどうなるの?

 

 

タンパク質不足になると髪にとって良くないことが多いです。

 

タンパク質というのは髪の毛の95%以上を構成していることから、タンパク質が不足することによって髪の毛が細くなり太くならないので、成長せずに抜け落ちてしまうため毛周期が乱れていきます。

 

タンパク質が十分な場合と不足している場合で、

 

タンパク質が十分な場合と不足している場合に関して詳しく説明している画像

 

 

ABで十分に髪の毛にタンパク質が生成されて髪が太く成長するところに、タンパク質が不足してしまうと、十分に栄養がいかずに髪の毛が健康的に太くなる前に抜け落ちていってしまいます。

 

タンパク質の不足が続くと太くなる前に抜け毛が増え薄毛が進行します!

 

 

(参考)
抜け毛・薄毛対策には髪の毛周期(ヘアサイクル)を整えることが重要

 

 

 

2.効果的なたんぱく質の摂取方法

 

効果的なたんぱく質の摂取方法に関して詳しく説明している画像

 

2-1.一日に必要なたんぱく質の量

 

 

体に必要なたんぱく質の量というものがあります。

 

体の筋肉を生成したり髪を作ったりするタンパク質ですが、タンパク質が不足すれば髪に必要な栄養素がいかずに髪が細くなるので、必要量は毎日しっかりと取らなければいけません。

 

男性が1日に体が必要としているタンパク質は60g〜70gと言われているので、髪のことも考えると毎日60g以上のタンパク質を摂取するとタンパク質不足にはなりにくいです。

 

1日に必要な量のたんぱく質を食事で積極的にとるようにしましょう!

 

 

 

2-2.動物性タンパク質と植物性タンパク質

 

 

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質の特徴として、

 

動物性タンパク質

・吸収率が高い
・脂肪になりやすい
・体の筋肉などの組織を作る

 

(例)肉類・魚類・チーズなどの乳製品

植物性タンパク質

・動物性に比べると吸収率が落ちる
・血中コレステロールを下げる
・血行が良くなる

 

(例)豆腐・納豆などの豆類・ピーナッツ


 

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質とあります。

 

動物性を取りすぎると肥満や血中コレステロールが増えて血行が悪くなるなどの悪影響があるので、髪の成長を考えると植物性タンパク質を中心に動物性タンパク質をバランス良くとることが重要です。

 

2つのタンパク質をバランスよく摂取することが髪の成長には重要です!

 

 

 

2-3.タンパク質が多く含まれている食品

 

 

100gあたりたんぱく質が多く含まれる食品をご紹介していきます。

 

たんぱく質は足りなくなってしまってもまずいですが、過剰摂取をすると腎臓に負担がかかってしまいます。そのため、1日60gのたんぱく質の摂取を目安に不足・過剰にならないように注意して食事から上手に取っていきましょう。

 

タンパク質が多く取れる食品は、

 

タンパク質の量/100g

必要量

タンパク質の量

(肉類)

鶏ささみ

23g

300g

69g

豚ヒレ肉

22g

300g

66g

鶏むね肉

22g

300g

66g

牛モモ肉

21g

300g

63g

牛ヒレ肉

20g

300g

60g

牛レバー

19g

300g

57g

(魚類)

イワシ

32g

200g
※2匹程度

64g

アジ

27g

200g
※1〜2匹程度

54g

カツオ

25g

250g

62.5g

サケ

22g

300g

66g

サンマ

20g

300g

60g

(野菜類)

油揚げ

18g

350g

63g

納豆

16g

400g

64g

枝豆

11g

600g

66g

インゲン

8g

750g

60g

豆乳

4g

1,500g

60g

 

 

 

2-4.タンパク質を単純に摂取するだけでは不十分

 

 

タンパク質を単純に摂取するだけでは不十分に関して詳しく説明している画像

 

 

実は、タンパク質は単純に量だけ取れば良いというものではありません。

 

タンパク質は食事で摂取してそのまま体・髪の毛に吸収することができず、いったんアミノ酸に分解され、その後再びタンパク質に構成され体・髪の毛を生成・構成していきます。

 

そのため、タンパク質を効率的に髪の毛に吸収させるためには、タンパク質の分解と再構成をスムーズに行うためタンパク質に加えて同時に摂取したい栄養素があります。

 

亜鉛 ・タンパク質の再構成を促進する
・毛母細胞の活性化
ビタミンB群 ・タンパク質の再構成を促進する
・タンパク質の吸収を促す
ビタミンC ・タンパク質の再構成を促進する
・頭皮環境を改善、正常化
ビタミンE ・血行を良くする効果
・髪を成長させる

 

 

この栄養素もタンパク質と一緒に摂取することで、髪へのタンパク質の吸収がスムーズに行われて髪の毛が細くならずに太く健康的に成長するための必要になってきます。

 

食事ではなかなかとるのが難しいという人はサプリメントを活用してビタミン類や亜鉛を補給するのが良いでしょう。

 

タンパク質とビタミン類、亜鉛を取ることで効率的に髪が成長していきます!

 

 

(参考)
AGA・抜け毛の対策に亜鉛は欠かせない栄養素